TOP >  先物取引

スポンサードリンク

日経225ミニで先物取引をする

日経225ミニでは、先物取引という株取引方法を用います。

将来のあらかじめ決められた日に現時点で事前に決めた価格で、現物(例えば商品や株式、通貨など)を売買するという約束事に基づいて行われるのが、先物取引になります。
2ヶ月先の5月に日経平均株価14,000円で買う約束を、2ヶ月前の3月に決めるという形の取り決めで、現時点で売買取引を行うわけです。

日経225ミニで扱うのは、株式や通貨といったものではなく、日経平均株価指数です。
日経225ミニで先物取引をする際は、日経平均株価という株としては実在しない数字を用います。

見方によっては、仮想の株取引とも言えます。
ミニのつかない日経225では指数の1,000倍が、日経225ミニは指数の100倍が、それぞれ売買単位として使われています。

日経225ミニでの将来のあらかじめ決められている日は、3月、6月、9月、12月の第2金曜日で、この4つの月を限月と呼びます。
限月になってもポジションを持ちっぱなしにしておいた場合、第2日曜日の前日にSQ(特別清算指数)という値で清算されることになります。
その時点で、損が出ていようが益が出ていようが強制的に決済されてしまうのです。
もっとも、ポジションは好きなときに決済することが可能なので、強制決済されるまで保有し続ける必要はありません。

日経225ミニ先物取引は、このような約束事を元にして行われています。


関連エントリー

日経225ミニで先物取引をする