FXで稼ぐための基本Top >  基礎知識 >  レバレッジとは?

スポンサードリンク

レバレッジとは?

fx(外貨取引)では”レバレッジ”という言葉がよく使用されます。

レバレッジを日本語に直訳すると”てこ”という意味なのですが、fx(外貨取引)では元本に対する投機的取引金額の倍率を表わす言葉として使います。

fx(外貨取引)では、初めにfx(外貨取引)業者に証拠金を預け、証拠金を元手に、何倍もの価値の通貨を買うという投資を行います。
このときの取引金額と証拠金の割合をレバレッジと呼びます。

fx(外貨取引)では、外貨預金や外貨MMF等、他の外貨建て金融商品とは違い、取引する金額よりも少ない投下資金で売買をすることができます。
fx(外貨取引)ではこのような取引のことをレバレッジの効いた取引とよく表現します。

fx(外貨取引)と、他の外貨建て金融商品との最大の違いが、レバレッジの大小にあります。
fx(外貨取引)でレバレッジが高いと、利益や損失も大きくなるためレバレッジを調節して、リスクやリターンをコントロールすることがfx(外貨取引)では重要です。


外貨金融商品に”レバレッジ1倍”の商品が有ります、これは外貨預金のことです。
外貨預金は、レバレッジ1倍の取引ができる”外貨預金型注文”があります。
外貨預金をされている方で手数料コストの削減をお考えの方にはこちらもお勧めです。
外貨預金については、他で詳しく説明をしたいと思います。

レバレッジの利いた取引は、取引保証金(元手)に対して大きな金額を運用するので、レバレッジが高ければ、小さなマーケットの動きでも、口座の資産価値は大きく変動するので注意が必要です。

関連エントリー

FXで稼ぐための基本Top >  基礎知識 >  レバレッジとは?