FXで稼ぐための基本Top >  基礎知識 >  スワップとは?

スポンサードリンク

スワップとは?

スワップとは「交換をする」という意味です。

fx(外貨取引)で使うスワップとは、日本と他の通貨発行国との金利差のことを、fx(外貨取引)ではスワップといいます。

日本円の金利が、他の通貨発行国の金利より低金利の時に、その外貨を購入すると、2国間の金利の差がスワップポイントとして加算されるのです。
これを簡単に表現すると金利収入のようなものです。

fx(外貨取引)は円を売って外貨を買うことが出来るのです。
通貨を交換するのですが、このときの金利差のことをスワップポイント、もしくはスワップ金利と呼んでいます。


日本では現在、超低金利が続いているので外国の通貨を購入した場合、円の金利が外貨金利を上回っている場合は現在ではまずありません。
普通fx(外貨取引)でドルを購入した場合にはスワップにより、お金が貰えます。
しかし、円の金利がドルの金利を上回った場合には、fx(外貨取引)で円売りドル買いをしている投資家、逆スワップとして金利差分を支払う必要が有ります。

現在でも、円買い、ドル売りのポジションの方はスワップを支払う必要が有りますので注意が必要です。

fx(外貨取引)のスワップで注意点は、反対売買(決済)をしないと受け取れないことです。
例えば、fx(外貨取引)でドル/円を持っていて毎日100円のスワップがついたと仮定します。
1年で36,500円のスワップが入るのですが、実際に口座から出金できるのは、持っているドルを決済してからになります。

fx(外貨取引)業者を選ぶ時にスワップを毎日引き出せる会社と、決済無しでは引き出せない会社が有ることを覚えておく必要が有ります。

関連エントリー

FXで稼ぐための基本Top >  基礎知識 >  スワップとは?