FXで稼ぐための基本Top >  初心者の注意点 >  FX初心者が注意すべき点

スポンサードリンク

FX初心者が注意すべき点

fx(外貨取引)で初心者注意するポイントは、信託保全の有無が有ります。

fx(外貨取引)の信託保全とは、投資家が預ける資金を守るシステムです。

fx(外貨取引)は、売買を開始する前に一定の証拠金を預けることになっています、この証拠金は商品の代金では無く、預かり金になります。
fx(外貨取引)業者は顧客から証拠金の返還請求されたら、手数料等を差し引いて、すぐに返還する義務があります。
もし、fx(外国為替証拠金取引)の外為業者が倒産したとしても、顧客の資産は保全されます。

そのため顧客資産の分離保管に関する情報を取引案内等に明記されていないfx(外貨取引)業者とは、取引を避けるほうが安全です。


それからカバー先金融機関の信用性もきちんと調べる事がfx(外貨取引)では必要です。
信託保全が有っても、カバー先金融機関の信用性が低いと安全は保障されません。
取引口座を開く時には、カバー先金融機関の格付け等もきちんと調べるることが大切です。


fx(外貨取引)初心者が注意するポイントは、
fx(外貨取引)の特長に小額で取引を開始する事が出来ます、例えば10万円程度の証拠金を預託すれば、1万ドル位まで取引が可能です。
注意が必要なのは、証拠金より損が膨らめば追加で証拠金を差し入れるか、損切りするか、しなければなりません。


fx(外貨取引)業者が買値と売値の両方とも提示しているかも重要な注意点となります。
fx(外貨取引)業者を選ぶ時には、買値と売値の差が小さいfx(外貨取引)業者のほうが安全な取引ができると思います。

関連エントリー

FXで稼ぐための基本Top >  初心者の注意点 >  FX初心者が注意すべき点