投資情報Top >  先物取引 >  先物取引 とは


先物取引 とは

先物取引 のことが話題になっているので気になりませんか?。

先物取引で日経平均を売買するとはどういうことでしょうか。突然の倒産のリスクがなく、市場全体の株価を反映するため、投資家の判断の基準ともされている指数です。手数料が安い証券会社に資料請求して口座を開設しましょう。先物取引も含めて、証拠金の数十倍もの権利を売買する投資法は、利益も損失も大きくなるので、十分に注意が必要です。

投資対象としては、金、農産物、石油などの資源、株価指数などがあり、証券会社で口座を開設して先物取引を選択する方法が一般的によく取られています。ただし、投資のための証拠金に対し、100倍の金額が売買できるので、将来のある時点を予測しなくても、例えば現在現時刻に15000円の日経平均が、確実に100円(1単位100円で変動)あがる、100円下がるということが予想できれば、1単位で1万円の差益を得ることも可能です。投資のためには、まず証券会社で口座を開設する必要があります。先物取引は、そういった商品の価格変動による影響を避け、生産者が安心して生産でき、購入予定者が安心して購入できる目的で、主に商品の流通が多い大阪で発祥したと言われています。

株式市場に上場して、株が売買されている会社は数千もあり、好決算による株価急騰や、突然の倒産などのリスクに常にさらされています。先物取引で日経平均株価に投資するとは、日経平均が将来のある時点でいくらであるかという権利を売買することなります。農産物や工業製品、資源などは、常に価格が変動します。先物取引とは、主に、生産者が商品を取引する時点の値段を、購入者と決定しておき、その権利を売買する投資法です。

先物取引は、小額の証拠金を元に、10〜100倍の価値の権利を売買することができ、予想どおりに相場が動けば大きな利益が出る代わりに、予想が外れれば損失も大きいというハイリスク・ハイリターンな投資法とも言えます。先物取引での投資と言った場合、最近では現物の売買目的ではなく、株価指数や資源、電子的な売買権利などを取引し、差額を得る目的で行われるものがほとんどです。先物取引での投資を実際に始めるために、日経平均先物の売買を例にとって説明してみましょう。この中から、業績良好な会社を225社より抜き、その株価を平均したものが日経平均株価と言われるものです。


先物取引の関連サイト・ブログを紹介します。

先物取引 - 野村證券
先物取引は、ある特定の商品を対象として、買付時に買付代金を支払わず、将来の一定の期日まで代金の支払いが猶予される取引である。通常、価格の上昇を予測して買い注文を出す 投資 会社 さわかみ 投資 国際 投資
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/sa/

先物取引 Comtex web > マーケット情報
商品先物取引のコムテックス。の銘柄情報です。相場情報、チャート、必要証拠金など。 不動産 投資 顧問 業 プラチナ 投資 中国 投資
http://www.comtex.co.jp/www/

先物取引 被害 ボランティア
先物取引・・・NHKテレビでも報道された内閣府認証ボランティアが統括。電話&メール匿名相談?全国net。先物取引被害は 適格機関投資家 中国 投資 国際 投信 投資 顧問
http://www.jppp.jp/jp/


関連エントリー

投資情報Top >  先物取引 >  先物取引 とは